ワクチンの副作用について

 混合ワクチン接種による合併症と副反応には以下のようなものがあります。

 

アレルギー反応  混合ワクチンを接種してから48時間以内に起こることが多く、普通、

顔が腫れたり、身体に発疹ができたりします。この他 痒みを感じたり、嘔吐が起こることもあります。 対処→ すぐ動物病院を受診してください。

 

アナフィラキシ-ショック  アレルギーの中で最も重い症状で、急速に血圧が低下し、呼吸困難、嘔吐、失神などが起こることがあります。最悪の場合は死に至ることもあります。 対処→ 直ちに動物病院を受診してください。

 

元気食欲の低下、発熱   混合ワクチンは体の免疫系に働きかけるため、一時的に発熱が起きたり、食欲が低下することがあります。 対処→ 翌々日になっても回復しない場合は受診して下さい。

 

注射した場所の炎症    混合ワクチンを接種した場所に炎症が起き、痛みを伴うことがあります。数週間経ってから肉芽腫といわれるしこりが発生することがあります。

対処 → 痛みが強い場合、数週間後にしこりが出来た時は受診して下さい。

 

いずれの場合も発生率は0.001%~0.5%程度。 副作用発現の予測は残念ながら出来ません。ダックスフンドは最もアレルギー反応の起き易い犬種とされ、小型犬は大型犬よりもアレルギー反応が起き易い傾向があります。接種後は安静にし、観察が必要になります。